XサーバーでWPのデータベースを新バージョンに手動で移行する手順を解説

エックスサーバーでWordPressのデータベース(MySQL)を旧バージョン(MySQL5.5)から新バージョン(MySQL5.7)に手動で移行する手順まとめました。

移行前にWordPressのバックアップを取ることをおすすめします。

アオシ

さっそく解説していきます

目次

移行先のデータベースを作成する

ます、WordPressを移行するデータベースとユーザーを作成します。順を追って解説していきますね。

移行先のデータベースを新規作成する

エックスサーバーの管理画面で「MySQL設定」をクリックします。

ックスサーバーの管理画面で「MySQL設定」をクリック

「MySQL追加」をクリックします。

「MySQL追加」をクリック

1.「MySQLデータベース名」を半角英数字で入力します。分かりやすい名前でOKです。

2.「確認画面へ進む」をクリックする。

「MySQLデータベース名」を半角英数字で入力し、確認画面へ進む

「追加する」をクリックする。

「追加する」をクリックする

データベースのユーザを作成する

データベースに追加するユーザーを作成する方法を解説します。

「MySQLユーザー追加」をクリックする。

「MySQLユーザー追加」をクリックする

1.「MySQLバージョン」を選択。

2.「MySQLユーザー名を半角英数字で入力。

3.「MySQLパスワード」を半角英数字で入力。

4.「確認画面へ進む」をクリック。

1.「MySQLバージョン」を選択
2.「MySQLユーザー名を半角英数字で入力
3.「MySQLパスワード」を半角英数字で入力

「追加する」をクリック。

「追加する」をクリック

データベースにユーザを追加する

作成したユーザー名を移行先のデータベースに追加します。

データベースにユーザを追加する

移行元のデータベースをバックアップする

移行元のデータベースをバックアップします。
WordPressのデータベース名が分からない人は、FTPで確認できます。

WordPressのデータベース名を確認する方法

WordPressのデータベース情報を確認する手順を解説します。
「public_html」をクリックして開きます。

「public_html」をクリックして開く

「wp-config.php」をメモ帳(テキストエディタ)で開きます。

「wp-config.php」をメモ帳(テキストエディタ)で開く

メモ帳の画像に記載されているのがデータベース名です。

データベース名を確認する

データベースをバックアップする方法

次に、移行元のデータベースをバックアップします。

「MySQLバックアップ」をクリックします。

「MySQLバックアップ」をクリック

「手動バックアップ」をクリックします。

「手動バックアップ」をクリック

圧縮しないのまま「エクスポート実行」をクリックします。

圧縮しないのまま「エクスポート実行」をクリック

バックアップしたデータベースをインポートする

バックアップしたデータベースをインポートする為に、移行先のデータベースにログインします。

移行先のデータベースにログインする

移行先のデータベースにログインする方法を解説します。

移行先のデータベースのバージョンをクリック

移行先のデータベースのバージョンをクリック

作成したデータベースのユーザー名とパスワードを入力します。

作成したデータベースのユーザー名とパスワードを入力

バックアップしたデータベースをインポートする

データベース名をクリックします。
画像はデータベースのユーザー名になっていますが、間違いです。

データベース名をクリック

「インポート」をクリックします。

「インポート」をクリック

1.バックアップしたファイルを選択します。

2.実行をクリックします。

バックアップしたファイルを選択し実行をクリック

「インポートは正常に終了しました」が表示されればOKです。

「インポートは正常に終了しました」が表示されればOK

WordPressのデータベースを書き換える

今回は同一サーバー内でのデータベースの移行なので、WordPressのデータベース情報を書き換えれば終わりです。

WordPressのデータベース情報を書き換えます。

  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ホスト名
WordPressのデータベース情報を書き換える

ホスト名を確認する方法

移行先のホスト名は「MySQL設定」の下部に記載されています。

移行先のホスト名を確認する

正しく書き換えが終わっていれば、WordPressが正常に表示されています。

以上で、エックスサーバーでWordPressのデータベース手動移行の解説を終わります。

アオシ

お疲れ様でした!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次を表示
目次
閉じる