WebP Converter for Mediaの初期設定・使い方

WebP Converter for Media 設定

WebP Converter for Media(バージョン 3.2.4)の初期設定・使い方を項目別にまとめました。

目次

WebP Converter for Mediaのインストールと有効化

WebP Converter for Mediaは、WordPress管理画面のプラグイン検索で追加し、インストール後有効化できます。

WebP Converter for Mediaの初期設定

WebP Converter for Mediaは、英語表記なので、設定はわかりにくいですよね。
Google翻訳を使えば、日本語化もできますが、設定の度に毎回翻訳するのも面倒なので、自分用の備忘録として残しておきます。

各項目の設定について順番に解説しますが、デフォルト設定のままでいいです。

List of supported files extensions

変換する画像の拡張子(画像フォーマット)を選択します。

初期設定のまま(.jpg/.jpeg/.png)でOKです。
.gifを変換するとアニメーションではなく、静止画になります。

List of supported directories

変換したい画像が保存されているファイルを選択します。

当ブログ(テーマはSWELLを使用)では、初期設定のままuploadsだけを選択しています。

対象フォルダ変換した画像の保管場所
/pluginsプラグインの画像/wp-content/uploads-webpc/plugins
/themesテーマの画像/wp-content/uploads-webpc/themes
/uploadsアップロード画像/wp-content/uploads-webpc/uploads

List of supported output formats

変換したい拡張子(画像フォーマット)を選択します。

現在選択できるのは、WebPのみ。
AVIFは、近日実装予定です。

Conversion method

画像の変換方法を選択します。

初期設定のGDのままでOKです。GDしか選択できないサーバーもあります。

Images quality

変換した画像の圧縮率を選択します。

初期設定の85%のままで利用しています。

Image loading mode

画像の読み込み方法を選択します。

初期設定のvia .htaccessのまま利用しています。

via .htaccess.htaccessを書き換えて読み込み
Pass Thru.htaccessを書き換えないで読み込み

Extra features

追加機能を選択できます。

色文字は、デフォルトの設定です。
変更なしで、そのまま利用しています。

1Automatic removal of WebP files larger than original元のサイズよりも大きいWebPファイルを自動で削除する
2Browser Caching for WebP filesWebPファイルをブラウザでキャッシュさせる
3Keep images metadata stored in EXIF or XMP formats画像のメタデータをEXIFまたはXMP形式で保存する。(変換方法がGDの場合は使用不可)
4Enable cron to automatically convert images from outside Media Librarycronがアップロードした画像を自動で変換する
5Enable cron to convert images uploaded to Media Library to speed up process of adding imagescronがアップロードした画像を自動で高速変換する。
画像が自動変換されない場合は、オプションを無効にしてください。
6Force redirections to WebP for all domainsすべてのドメインの画像を変換する。
別のドメインから読み込んだ画像も変換できます。
7Log errors while converting to debug.log filedebug.logファイルへ変換中のエラーをログに記録する

Save Changes

変更が終わったら、「Save Changes」をクリックして設定を保存します。

Regenerate images

追加機能の設定(Extra features)で、5「Enable cron to convert images uploaded to Media Library to speed up process of adding images」のチェックが入っていれば、何もしなくてもアップロードした画像は自動でWebPに変換されます。

アップロードした画像が変換されたか確認する

アップロードした画像が、WebPに変換されているかは、FTPソフトで、「/wp-content/uploads-webpc/uploads」のファイル内を確認すればわかります。

過去のアップロード画像を変換する

WebP Converter for Mediaをインストールする前に、アップロードした画像をWebpに変換したい場合は、「Regenerate All」をクリックして画像を変換します。

過去に変換した画像を再変換したい場合は、「Force convert all images again」をオンにします。

Force convert all images again過去に変換した画像も再変換する
アオシ

WebP Converter for Mediaの初期設定は以上です。
お疲れさまでした!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次を表示
目次
閉じる