XO Securityの初期設定の方法を解説

XO Security 設定

XO Security(バージョン 4.1.1 )の初期設定の方法を各項目ごとにまとめました。

目次

XO Securityの初期設定

XO Securityの初期設定についてまとめました。
このブログで設定している内容を記載しています。

XO Securityは、設定ステータスのチェック数が多いほど、セキュリティも強固です。

ログイン

試行回数制限:12時間(好みで設定)
リトライ回数:4回(デフォルトのまま、好みで変更)
制限なしにすると総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)された時に、1秒毎にログイン施行されます。

ログインフォーム
CAPTCHA:ひらがな
ログイン時の手間が増えますが、二段認証よりは簡単です。

コメント

CAPTCHA:ひらがな

コメント入力フォームに、ひらがなのCAPTCHAを表示させます。

XML-RPC

XML-RPCを利用していない人は、両方オンにします。

XML-RPCは、総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)を無効化できます。

総当たり攻撃の履歴
総当たり攻撃された履歴

XML-RPCを使って、アプリなどから投稿している場合はオンすると投稿できなくなります。
ログイン施行回数制限を設定しておけば、オフでも防ぐことができます。

XML-RPCピンバックは、DDoS攻撃を無効化します。

REST API

変更なし

ユーザー名隠しは、後述する秘匿でauthor名を変更しているので、バレても問題なし。

秘匿

ユーザー名

投稿者スラッグ:オン
プロフィール設定で、author名を変更する
ここを変更しておけば、REST API設定でユーザー名隠しをしなくてもログインIDはバレない

WordPressバージョン

バージョン情報の削除:オン
WordPressのバージョンごとの脆弱性を狙って攻撃されることがあります。
オンにしておくことで、HTML内に記載されているWordPressのバージョンを隠すせます。

環境

ログインログ

自動削除:30日以内
削除しないとログファイルがたまります。

不正ログインの確認は、ユーザー>ログインログで確認できます。

アオシ

XO Securityの設定は以上です。
お疲れさまでした!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次を表示
目次
閉じる